生姜レシピ

生姜の加工 始めました!

こんばんは。
京都府福知山市のKOTO農場です。
無農薬&除草剤不使用での、生姜栽培をしています。
11月に初収穫を終えて、冬の間は、土壌改良を続けています。

さて、「生姜」は、きちんと保存をすれば、1年間保管することも可能ですが、
私たちには、まだ自社の保冷庫がありません。
ですので、収穫してすぐに一部は、生姜チップや生姜のお茶に加工をしました。

年末か、来年には生姜チップや生姜ほうじ茶が完成予定です。

テスト品が少し手元に届きました。
生姜チップです。↓

生姜チップ

チップって、元の生の生姜から水分が抜けて、10%以下の重さになります。
つまり、生姜がギュッと凝縮されているんです。

チップは手軽に、魚料理の臭み消しや、煮物にも使えますし、
そのままお湯を注げば、「純・生姜茶」としてもいただけます。


こんな薄い色でも、生姜のピリッと感があります。

少しお砂糖を加えれば、ジンジャーシロップのように飲みやすいですし、
柚子はちみつを加えれば、生姜ゆず茶になります。

ちなみに、この柚子はちみつも、
福知山の私たちの古民家の敷地に自然に実っていたもので、手作りしてみました。


生姜茶の後、急須の網に残った生姜は、水分を含んでけっこう大きくなります。
これ、そのまま捨ててしまうのがもったいない!!
ということで、、、

そのまま鍋に入れ、醤油・みりん・酒とお砂糖少々で、佃煮を作ってみました。


甘く煮て、生姜糖にしたり、
パウンドケーキに入れたりもできるのではないかなと思います。
余すことなく活用できます!


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。