シカ・猪に負けず、生姜は育っています。

こんにちは。
KOTO農場です。
福知山市の山を切り開いた場所にある私たちの畑の周りは、
小動物やシカ・猪もたくさんいます。
これらの対策が、けっこう大変です。

生姜は、辛み成分が強いため、生姜の実自体は食べられることが今のところないのですが、
シカが入って芽を折ったり、
葉をむしゃむしゃと食べたりはしています。
なんと、このシカは、人慣れしていて、音を鳴らしても、スマホで撮影していても、
悠然と食べて、逃げようともしません。
困ったものです。


シカのジャンプ力は2mを超えることもありますし、
獣害策をしても、どこか地面を掘って下からくぐって侵入する場合もあります。
完璧な柵を維持しようと思うと、
冬の間に草刈りして、しっかり準備し、日々の確認も欠かせないと痛感しているところです。

他府県の情報では、獣害策として生姜を植えている地域もあるほど、
獣害には強いと言われている一方、
最近では、京都府内では、シカが食べなかったはずのハーブまでも食べ始めている、
以前と食性が変わってきているという情報もあります。

特に、KOTO農場は無農薬で育てているので、
生姜の葉まで美味しいのかもしれません^^


ピンクテープの効果は、3日ほどでなくなりました。
あまり意味はありません。

次に対策したのが、ネットと支柱。
こちらは、効果がありましたが、
下からくぐってくる箇所は、ネットをU字ピンなどで固定しなければなりません。

とりあえず、収穫まで1か月は、これで何とか維持したいと思います。
冬の間には、さらにしっかりした柵を作れるようにします。

KOTO農場の生姜は、今年は少量になりますが、ご予約受付中です!
https://poke-m.com/products/195580

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です